少ない初期費用で始める土地活用

土地を手に入れたときには運用しないでいると税金だけが必要になってしまいます。土地活用をする方法として少ない初期費用でできるものもあるので、予算と目的に応じて適切な運用を始めてみると資産が無駄になりません。

土地そのものを貸す活用方法

土地活用を行うときには賃貸を行うのが基本になります。最も安い初期費用で賃貸をする方法は土地そのものを貸すことに他なりません。契約の種類には二種類あり、一つは土地に構造物を作るのは禁止して資材置き場やゴミ置き場などとして利用して貰う方法です。もう一つは店舗などを建てて自由に利用してもらう方法であり、どちらの形で契約をするのも所有者に自由があります。ただし、都市計画の影響で用途が定められている場合には建てられるものが制限されるので、納得の上で借主を探す必要があるので注意しましょう。広さや周辺環境によって需要にも大差がありますが、不動産会社に相談して仲介してもらえば借り手を見つけられる可能性があります。

駐車場や駐輪場経営は初期費用が低い

土地に少し手をかけて土地活用をしようというときに初期費用が低い代表的なものが駐車場や駐輪場です。更地のままでも始められますが、利用者の使い勝手を考えてアスファルトで舗装を行う程度のことはした方が良いでしょう。数十万円程度の初期費用で済ませられることが多く、立地が良ければ定期的に収入が得られます。月極で行うこともコインパーキングにすることも、両者を併用することもできるため、立地に応じて経営方法を選ぶと良いでしょう。経営に際しては専門業者を利用して初期の設備の設置から運営、管理までを全て行ってもらうこともできます。土地活用に初期費用も手間もかけたくないという人にとっては有用な選択肢になるでしょう。

構造物の種類によって費用はわずか

土地に構造物を準備して土地活用しようというときにマンションや住宅を建てるのは費用が大きくなりがちです。しかし、倉庫のように複雑な構造物がないものであれば比較的安く建てることができます。さらに安くしようと考えたらプレハブ小屋やコンテナなどを用意することもできるでしょう。貸倉庫や貸しコンテナ、ロッカールームなどを運営することができる方法です。駅前ならロッカールーム、住宅街なら貸しコンテナ、郊外なら大型の貸し倉庫といった形で需要に応じた構造物を用意すると借り手を見つけることはそれほど難しくありません。比較的安く用意できる構造物に着目するのも、初期費用を安くして土地活用をする目的に合致している方法です。