土地活用の第一候補はマンション経営

土地活用をしたいときには賃貸経営をして利益を上げるのが基本になります。何を準備して賃貸経営をするかが問題になりますが、第一候補として挙げてみると良いのがマンション経営です。そのメリットをよく理解しておきましょう。

家賃収入が大きいマンション経営

持っている土地を有効活用したいと考えたときにマンションを建てて賃貸経営をするのはまず最初に考えてみると良いでしょう。土地活用の方法として月あたりの家賃収入の金額が最も大きくなりやすいからです。規模によって部屋の数も異なり、設備や立地によって各部屋の家賃も変化しますが、概して大きな建物で数多くの入居者を期待できます。そのため、毎月大きな収入が手に入りやすく、一つや二つの空室があってもそれほど痛手にはなりません。賃貸経営において懸念されやすい空室リスクも低減させながら、高い収入を手に入れられる可能性が高いのがマンション経営の特徴です。その点から土地活用を考えたときには第一候補にすると良いと言えます。

初期投資が大きくても解決可能

初期投資が大きくなるのはマンション経営をするときの欠点になります。土地活用の方法の中でもトップクラスの初期投資になり、大きなマンションを建てようと思うと一億円を越える場合もあるでしょう。しかし、二つの観点からその問題も解決できます。まず、自分の予算に応じてマンションの規模を決められることから初期投資の大きさは大きな問題になりません。もう一つの観点は借り入れができることであり、ローンを組めば数千万円規模のマンションであっても比較的容易に建てられることがほとんどです。安定して収益を作り出せると考えられれば金融会社も大きな貸付をしてくれるので、小さな自己資金でも収益性を重視して大きな投資を行うことができます。

新築マンションだからこそのメリット

土地活用の方法としてマンションを建てるのが優れているのは新築マンションを手に入れられる点にもあります。少なくとも30年程度は倒壊せずに運営できるだろうと期待できるのは新築のメリットであり、修繕費に莫大な費用をかける必要がありません。また、新築だというだけで入居者が集まりやすいので、初期には家賃を高めに設定できるでしょう。いずれは空室対策の重要性を実感するようになりますが、当面は心配がないのは新築マンションの経営をするときのメリットになります。土地活用を始めてから色々なことを学んでいくというのはよくあることであり、初期にトラブルが少ないのは成功しやすくするための重要な要素です。その点で初めての土地活用ではマンション経営が第一候補になります。